Photo 23 Apr 89,430 notes
Video 23 Apr 6,150 notes

tatianasun:

a mother’s love

(Source: Flickr / peter_hasselbom)

Photo 23 Apr 198 notes
via scrapbook.
Photo 23 Apr 745 notes magicalnaturetour:

Three in a row (by Tambako the Jaguar)

magicalnaturetour:

Three in a row (by Tambako the Jaguar)

Photo 23 Apr 28 notes mariusu:

Gingy 2x (by Judy **)

mariusu:

Gingy 2x (by Judy **)

Quote 23 Apr 59 notes

一匹狼が格好いいと若年者が錯覚する理由

群れに所属していれば秩序に服さなくてはならない。

もっと、ストレートに言えば序列に服さなくてはならない。

満足の行く序列を獲得するには上位者を超え続けなくてはならない。

当然、そこには緊張や戦闘や痛苦が伴う。

序列の上位者には責任や下剋上の恐怖が伴う。

故に、ボス(それがどんな生物であっても)の仕事は必死に平静を装う事である。

一匹狼は秩序の息苦しさや、服従の格好悪さや、責任の重圧とは無縁である。

(まあ、当たり前だが。)

若い方が「一匹狼的生き方」を好ましく原理は、孤立への共感ではなく、群生のデメリットに対する忌避に過ぎない。

所詮は逃避である。

底辺は逃避者が置き換える美辞麗句に騙されてやれない代わりに、逃避そのものを批難しない。

しんどい事や面倒な事、格好の悪い事や屈辱的な扱いに甘んじずに済むのならそれに越した事はないのだから。

ただ、先輩一匹狼としてアドバイスを贈らせて貰えるのならば、

「他人様が一人でやっていけるのは力量の証だが、自分は劣っているから孤立させられているだけ」

位の心掛けを持っていた方がいい。

円滑に孤立出来るし、群れとも有利に交渉出来る様になってくる。

群れに居座っている連中は、一匹狼などより遥かに人間個々の力量・スタンスに敏感であるし、

一匹狼が虎視眈々と群れの旨味を狙っているように、群生者もまた一匹狼の旨味を狙っているからである。

Photo 23 Apr 8 notes ametoneko:

玄関開けたらこれが #uimozu #cat http://ift.tt/1eYlRT2

ametoneko:

玄関開けたらこれが #uimozu #cat http://ift.tt/1eYlRT2

Photo 23 Apr 8 notes ametoneko:

箱入り #uimozu #cat http://ift.tt/1rbWdMO

ametoneko:

箱入り #uimozu #cat http://ift.tt/1rbWdMO

Photo 23 Apr 2,571 notes
Video 23 Apr 104,866 notes

ninjaticsart:

self explanatory

Photo 23 Apr 115 notes
Photo 23 Apr 27,079 notes

(Source: princesscheeto)

Photo 23 Apr 203 notes

(Source: sweetbabyolive)

Photo 23 Apr 59 notes oooooooo:

Wall Me Do
via oooooooo.
Photo 23 Apr 13 notes oooooooo:

いちいつしゆん
via oooooooo.

Design crafted by Prashanth Kamalakanthan. Powered by Tumblr.